「季節を感じる二十四節気(小満)・・」127号

今日から二十四節気の「小満」に成ります。二十四節気は太陽の動きをもとにし

ています。太陽が移動する天球上の道を黄道といい、黄道を24等分したものが二

十四節気です。一年の始まりが「立春」一年の終わりが「大寒」です。「小満」

は念頭から8番目の節気になります。二十四節気は、毎年同じ時期に同じ節気が

めぐってきます。そして、節気の間隔が一定で半月ごとの季節変化に対応できる

ので、天候に左右される農業の目安として大変便利なものでした。季節を知るよ

りどころでもあったため、天候や生き物の様子を表す名前がつけられ、今でも年

中行事や時候の挨拶など色々なシーンで使われています。二十四節気で季節を追

うと、日本の四季をもっと楽しむことが出来ますね。

今年の小満は5月21日からで~す♬

さて「小満」は陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち

始めることから小満といわれています。ようやく暑さも加わり、麦の穂が育ち、

山野の草木が実をつけ始め、紅花が盛んに咲き乱れます。梅の実がなり、西日本

では、走り梅雨がみられる頃です。

田植えの準備を始める頃でもあります。梅雨入りも間近になり、いい季節

でも有ります。コロナ渦の現在、毎日1時間以上の散歩を日課にしていますが、

花や木々、鳥などで季節を肌で感じています。先人が二十四節気を暦に取り入

れ、季節の指標にしたことに納得できる今日このごろです。日本の文化大切にし

たいですね。 長谷川 \(^o^)/ 

——————————————————————————AtoZto——Cosmetics

アザエンジニアリングの社長ブログもこまめに、更新していますので是非ご覧ください!

http://aza-eng.co.jp/archives/category/ceo